message-01
KOUTARO ANDO
安藤 功大郎

入社8年目
工業用品事業部
直需部
営業課
産業機器グループ
大手電気メーカーのOA機器のプリンターや工事用ミシン、工作機械などへの部品供給を中心とした営業をしています。

当社では実績の無かった分野を得意先様とコミュニケーションをはかりながら、何度も試作を繰り返してデータを蓄積し、試行錯誤の末に量産にこぎつけた時は嬉しかったですね。

得意先様からも喜んで頂きやりがいを感じました。

営業の仕事は一つの案件に関して、得意先様の購買、設計、品質、検査、工務から自社の技術や検査、生産管理など多くの人間が関わっていますので、その全てに目を配り段取りをする必要があります。

忙しさから報告・連絡・相談ができていない時にトラブルがおこりやすく、早急に上司並びに客先へ報告して最小限化するという報告の重要性を学びました。

上司は知識や経験も豊富で的確なアドバイスをしてもらえるので安心感があります。

また、仕事には厳しいですが、気さくな会話などで和ませてくれることもあります。

部署は違いますが、同僚とは定期的に会話をしてさまざまな情報を交換する良きパートナーです。

 

 

 message-02
MASAAKI TAKADA
高田 正明

入社10年目


建設資材事業部
業務部
トンネル工事の資材の発注手配、在庫管理から配送手配までデリバリーの管理業務をしています。

単に発注するだけではなく、お得意様の工事現場の資材まで当社で管理しています。

従って、工事現場ごとにスペックの違う資材の種類は数百点にも及び、ロットや納期が違う資材をそれぞれ管理する事は経験と知識が必要となります。

現場の状況や新しい商品の情報など幅広く知るために、営業や技術、物流センターの人達とのコミュニケーションは必要不可欠です。

ITが進み作業は簡素化しましたが、最後は「生」の情報が日々変化する工事現場で資材を切らす事なくお得意様から信頼頂くことだと考えています。

当社が手がけたトンネルを家族旅行でプチ自慢した時に「すごい!」と言われた事は嬉しかったですね。

今の仕事は経験値の高い仕事ですので、先輩のアドバイスのお陰でここまでやってこられたと思います。

先輩がしてくれたように、今に満足する事なく、後輩達と共に改革・改善をしていきたいと思います。

先輩からのメッセージ