Katecsブログ

HOME > フィロソフィー|第3章

目標を周知徹底する

目標を達成するためには、その目標が全員に周知徹底されていなければなりません。つまり、全員が目標を共有化し、自分たちのものになっていることが必要なのです。営業部門でも、製造部門でも、当月の[売上]や[利益]などの数字が全員の頭にしっかりと入っていて、職場の誰に聞いてもその数字が口をついて出てこなければなりません。目標を全員に周知徹底し、共有化を図ることによって一人一人の参画意識が高められ、これが一丸となって目標達成に向かうエネルギーとなるのです。

能力を未来進行形でとらえる

新たな目標を立てるときは、あえて自分の能力以上のものを設定しなければなりません。今はとてもできそうにもないと思われる高い目標を、未来の一点で達成するということを決めてしまうのです。そして、その一点にターゲットを合わせ、現在の自分の能力を、その目標に対応できるようになるまで高める方法を考えるのです。現在の能力をもって、できる、できないを言うことは誰でもすることです。しかしそれでは新しいことや、より高い目標を達成することなどできるはずがありません。今、できないものを、何としてでも成し遂げようとすることからしか、高い目標を達成することはできないのです。

健全資産の原則を貫く

不良資産を発生させることは厳しく戒めなければなりません。必要なときに必要なだけ買い入れること、必要なものだけを作ることが原則です。余分なものを買ったり、余分なものを作ったりすると、不良在庫を発生させ無駄な経費を使うことになります。しかし、万一不良資産が発生した場合には、ただちにこれを処理することです。一時的には損失を出すことになりますが、目先の数字にとらわれず、勇気をもって不良資産を処理しなければなりません。これをせずに問題を先送りすると、さらに大きな損失につながります。経営は常に健全な資産状態で行われる必要があるのです。

 

日々採算をつくる

経営というものは、月末に出てくる採算表を見て行うのではありません。細かい数字の集積であり、毎日の売上や経費の積み上げで月次の採算表がつくられるのですから、日々採算をつくっているのだという意識をもって経営にあたらなければなりません。毎日の数字を見ないで経営を行うのは、計器を見ないで飛行機を操縦することと同じです。これでは飛行機はどこへ飛んでいき、どこに着陸するのか、分からなくなってしまいます。同様に、日々の経営から目を離したら、目標には決して到達できません。採算表は一人一人の毎日の生きざまが累積した結果であるということを忘れてはなりません。

売上を極大に経費を極小に

経営とはシンプルなもので、その基本はいかにして売上を大きくし、いかにして使う経費を小さくするかということに尽きます。利益とはその差であって、結果として出てくるものにすぎません。したがって私たちはいつも売上をより大きくすること、経費をより小さくすることを考えていればよいのです。ですから、[原材料費]は[売上]の何パーセントでなければならない、とか[販売費]はこれくらい必要だろうとかいった常識や固定概念にとらわれてはなりません。売上極大、経費極小のための努力を、日々創意工夫をこしらえながら粘り強く続けていくことが大切です。

1 / 212

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ